« プレスリリースへ戻る

硬化性能の向上に貢献する FireJet™空冷UV LEDランプ

Phoseon™ Technology、FireJet™ FJ100とFireJet™ FJ240の出力と性能を50%向上

米国オレゴン州ヒルスボロ(2017年11月15日)– Phoseon Technology社は、FireJet™ FJ100(波長365nm)とFireJet™ FJ240 LED硬化ソリューションの性能を50%向上させました。

使用可能なスペースが限られている環境に適したサイズと出力を持ち合わせたFireJet FJ100(波長365nm)は、接着剤およびコーティングアプリケーションに最適な硬化ソリューションです。 硬化対象物をスキャンする上で最大照射量と滞留時間が極めて重要な意味を持つ場合には、幅広い照射口を持つFireJet FJ240が理想的なソリューションとなります。

「照度がFJ240では12W/cm2に、FJ100(波長365nm)では6W/cm2にそれぞれ50%上昇したことで、既存のアプリケーションでの処理能力が同じ設置面積を維持したまま向上します。また、より高い照度と照射量を必要とする新しいアプリケーションにも対応可能になります」と述べています。
Phoseon TechnologyのプロダクトマーケティングマネージャーであるJoe Becker氏は

PhoseonのWhisperCool™およびTargetCure™テクノロジーに対応し、多数の機能が搭載されたFJ100とFJ240では、確実かつ安定した性能が提供され、また動作音も静かです。

Phoseon TechnologyのプロダクトマーケティングマネージャーであるJoe Becker氏は、「照度がFJ240では12W/cm2に、FJ100(波長365nm)では6W/cm2にそれぞれ50%上昇したことで、既存のアプリケーションでの処理能力が同じ設置面積を維持したまま向上します。また、より高い照度と照射量を必要とする新しいアプリケーションにも対応可能になります」と述べています。

空冷UV LED硬化製品のFireJetはUVインクジェットアプリケーションに理想的であり、小規模から大規模なデジタル印刷システムでの硬化を極めて迅速に実現します。また、他の硬化アプリケーションにも対応しています。

Phoseon Technology社について
Phoseon Technology社は2002年、UV硬化アプリケーション向けのLED技術を他社に先駆けて開発し、最近ではライフサイエンス分野への進出を果たしました。PhoseonはUV LEDソリューションの世界トップのプロバイダーとして、アプリケーション特有のニーズに合った堅牢で高性能な製品を提供するために、特許を取得したLED技術を活用しています。PhoseonはLED技術に全力を注いでおり、全世界で販売およびサポート体制を敷いています。