Phoseon Technology社、OPTICS & PHOTONICS International Exhibition 2018にLED硬化ソリューションを出展

PhoseonブースD-25でLED産業用硬化ソリューションについて詳しくご紹介します

米国オレゴン州ヒルズボロ市(2018年3月23日)– Phoseonは、4月19日より横浜で開催されるOPTICS & PHOTONICS International Exhibition 2018(OPIE 2018:赤外・紫外応用技術展などから構成)に、産業用アプリケーション向けの最新UV LED硬化ソリューションを出展します。PhoseonブースD-25では、コンパクトで統合しやすく、最適化されたLED冷却管理による高強度出力を持つPhoseon LED技術が、産業用硬化アプリケーションに最適であることをご覧いただけます。Phoseon LED硬化システムのユーザーは、薄くて熱に敏感な基材などの幅広い種類の材料を、最大の生産スピードと低い入力電力で加工できます。

PhoseonブースD-25でLED産業用硬化ソリューションについて詳しくご紹介します!

OPTICS & PHOTONICS International Exhibition 2018は、4月25日~27日にパシフィコ横浜で開催されます。同展示会では、UV産業関連装置、製造機械、この分野に関連する乾燥・硬化装置が幅広く展示されます。OPIE 2018では赤外・紫外応用技術展の他に、レーザーEXPO、レンズ設計・製造展、ポジショニングEXPO、メディカル&イメージングEXPO、宇宙・天文光学EXPOと産業用カメラ展が同時開催されます。

Phoseon Technology社について
Phoseon Technology社は2002年より、ライフ・サイエンス及びUV硬化アプリケーション向けのLED技術を他社に先駆けて開発しました。絶え間ない技術革新により、多くの特許を取得した高性能で信頼性の高いLEDソリューションを提供しています。お客さまとの強い協力関係を築くことで、世界のリーダーとしての位置を保ち続けています。PhoseonはISO9001認証を受けた企業であり、さまざまな賞を受けた製品を生産しています。私どもは100%LEDテクノロジーに特化しており、信頼性と経済性に優れ、環境にやさしい製品をお約束します。