Phoseon Technology、LED硬化ソリューションを 紫外線フェア2017に出展

PhoseonブースA-9で硬化アプリケーション用UV LEDについて詳しくご紹介します

米国オレゴン州ヒルスボロ市(2017年10月19日)– Phoseon社は間もなく東京で開催される紫外線フェア2017に、紫外線硬化アプリケーション用の最新UV LEDソリューションを出展します。PhoseonブースA-9では、コンパクトで統合しやすく、最適化されたLED冷却管理による高強度出力を持つPhoseon LED技術が、紫外線硬化アプリケーションに最適であることをご覧いただけます。Phoseon LED硬化システムのユーザーは、薄くて熱に敏感な基材などの幅広い種類の材料を、最大の生産速度と低い入力電力で加工できます。

PhoseonブースA-9で硬化アプリケーション用UV LEDについて詳しくご紹介します

紫外線フェア2017は東京の科学技術館で11月14日から16日まで開催されます。同フェアでは、紫外線硬化材料向けの産業関連装置と、この分野に関連する装置と製品が幅広く展示されます。紫外線フェアは光とレーザーの科学技術フェアの一部であり、その他の併設フェアは以下の通りです:赤外線フェア、光学薄膜フェア、分光フェア、レーザー科学技術フェア、オプティクスフェアおよび特設レーザー照明・ディスプレイゾーン。
Phoseon Technology社について
Phoseon Technology社は2002年、紫外線硬化アプリケーション向けのLED技術を他社に先駆けて開発し、最近ではライフサイエンス分野への進出を果たしました。PhoseonはUV LEDソリューションの世界トップのプロバイダーとして、アプリケーション特有のニーズに合った堅牢で高性能な製品を提供するために、特許を取得したLED技術を活用しています。PhoseonはLED技術に全力を注いでおり、全世界で販売およびサポート体制を敷いています。